wikiでレーザー脱毛の情報をチェックしてみよう

何か調べものをする際、「wiki」を利用するという人も多いのではないでしょうか。例えば「レーザー脱毛」の情報も、wikiで調べれば簡単に分かります。レーザー脱毛に興味があるけれど、どんな効果があるのか・どのくらいで脱毛の効果が現れるのか、アフターケアの必要性など、気になる点があるという人は、wikiで調べてみてはいかがでしょう。

レーザーで無駄毛を脱毛できる原理

wikiをチェックしてみると、レーザー脱毛で無駄毛を脱毛できる原理が分かります。レーザー脱毛に用いられるのは黒色、または茶色に吸収される波長のレーザーです。この特殊な波長のレーザーを肌に照射して無駄毛や毛根、周辺組織にダメージを与えて脱毛の効果を発揮します。

wikiの情報によると、レーザー脱毛で処理できるのは成長期にある無駄毛だけのようです。人の身体に生える体毛には、ライフサイクルがあります。成長期にある体毛であれば、毛根に対して十分な熱ダメージを与えることができ、半永久的に無駄毛が生えなくなる永久脱毛の効果を得られるのです。

肌の表面に生えている体毛は全体のわずか15~20%程度と言われており、残りの80~85%は休眠状態にあります。

この休眠状態にある毛根には、レーザーでダメージを与えることはできません。ですのでレーザー脱毛は1回の施術では、脱毛効果を実感しにくいようです。脱毛効果の感じ方は個人差で変わりますが、おおむね3回目の施術を受けたあたりから無駄毛が減ったと実感できるようになると、wikiには記載されています。

平均的な照射回数

wikiによるとレーザー脱毛は1回のみの施術だと、思ったような脱毛効果は得られないようです。では、どのくらいの回数レーザー脱毛を受けると、「無駄毛が減った」と感じることができるのでしょうか。レーザーを適切な熱量・間隔で照射した場合だと、3回の照射で50%程度の無駄毛を減らすことができるようです。

50%と聞くとかなり脱毛効果が高いと感じるかもしれませんが、体毛は皮膚の下で休眠状態になっているものも多いため、3回程度の施術だとまだカミソリや電気シェーバーで自己処理する必要が出てきます。自己処理をしなくても無駄毛が気にならなくなり始めるのは、5回目の照射を受けたあたりからです。

5回目の施術ともなると、約70%の無駄毛を脱毛できます。10回目には約90%の無駄毛を脱毛することができ、ほとんど無駄毛が気にならないツルツルの状態をキープできるようです。全く無駄毛が生えない無毛に近い状態にまで、脱毛を行いたいという場合は毛質や毛量によって異なるものの、15回程の照射が必要となるでしょう。

照射周期もチェックしよう

何回か施術を繰り返し受けることで、徐々に無駄毛を減らしていくレーザー脱毛ですが、肌のダメージや体毛のライフサイクルのことを考えた場合、毎日のようにレーザーを照射することはできません。1度、施術を受けたらどのくらいの期間、脱毛をお休みするのがベストなのかも、wikiでチェックできます。

wikiの情報によると身体の無駄毛をレーザーで脱毛する場合、2ヶ月から3ヶ月おきに施術を受けるのがベストとなっています。また、男性がヒゲをレーザー脱毛する場合は、少し短いサイクルの1ヶ月から2ヶ月おきに施術を受けるのが良いようです。

レーザー脱毛を行っているクリニックの多くは、完全予約制となっています。この照射周期に合わせて次の予約を行うと、スムーズに脱毛が進むのでおすすめです。また、2ヶ月から3ヶ月おきに身体の無駄毛をレーザーで脱毛すると5回から12回程度、1ヶ月から2ヶ月おきに顔の脱毛の場合は10回から12回程度の照射回数で、脱毛が完了するケースが多いようです。

どのくらいで毛は抜ける?

脱毛効果に優れているレーザー脱毛ですが、施術を受けてすぐに無駄毛が抜けることはありません。レーザーの種類によっても異なりますが、1週間から4週間という時間をかけ、少しずつ抜けて行きます。レーザーを照射した部分に無駄毛があると「脱毛の効果が無いのかな?」と、不安になってしまうかもしれませんが、最終的には自然と抜け落ちるのでそのままにしておきましょう。

気になって自分で抜いてしまう人もいるようですが、wikiには自分で引っ張ったりする必要はないと記載されています。

浦安にはレーザー脱毛の実績があるクリニックがたくさんある

施術時間や痛みの程度を確認

レーザー脱毛を受けるにあたり、施術にかかる時間や施術中の痛みは気になる所です。このような情報もwikiで確認することが可能です。現在、多くのクリニックで導入されているアレキサンドライトレーザーでの施術だと、準備や待ち時間など全て含めてビキニライン全体で40分程度の時間がかかります。

顔全体と手全体で約60分、足全体で約120分という時間が平均的です。この時間はあくまで準備や待ち時間を含めたもので、レーザーを照射するだけの時間であれば、この半分の時間で済みます。

痛みが苦手という人の場合、レーザーを肌に照射したときの痛みが気になるでしょう。

痛みの感じ方は個人差が大きいため一概には言えないものの、無駄毛が濃い部位はレーザーを当てたとき、輪ゴムで軽く弾いた程度の痛みが伴います。日焼けをしている部位だと、より強い痛みを感じるようです。ただ、レーザー照射時の痛みは施術の回数が増えるにつれ、徐々に弱くなっていくようです。

また、wikiによると痛みが激しい場合、笑気ガスなど麻酔をしてから施術を受けられるようです。麻酔を受けられるクリニックは限られているようですが、痛みが不安という人は麻酔を用いたレーザー脱毛を検討してみてはいかがでしょう。

腕に対するレーザー脱毛の回数

施術を受ける前に行っておきたいケア

レーザー脱毛を受ける前は保湿をしっかり行っておくのが良いとwikiに載っています。保湿を行うことで肌の状態をより良いものにできるからです。また、保湿と一緒に行っておきたいケアが紫外線対策です。特に顔をレーザーで脱毛する場合、何もケアをしていないと施術後に熱傷や乾燥肌といった肌トラブルを招く可能性があります。

このような肌トラブルを起こさないためにも、保湿・紫外線対策は十分行っておきましょう。ただ、施術当日に使用する日焼け止めは、チタンなど金属が含まれたものの使用はNGです。金属が入っている日焼け止めは「ノンケミカル」などと、記載されていることが多いのでレーザー脱毛当日は使わないようにしましょう。

施術後はアフターケアも大切

施術前のケアが大切なら、施術後のケアももちろん大切です。レーザーの熱で無駄毛を処理するので、施術後の肌は軽い火傷を受けたような状態となります。ただ、肌の赤みなどのトラブルは施術後、2時間から3時間もすれば軽減されるようです。

もし施術から1週間を過ぎても痛みがある場合は、塗り薬での治療が必要となります。また、施術当日は肌の熱を下げるために入浴は避けて、シャワーで済ませるのが良いようです。